女性医師

鬱チェックをしてみよう|正直に答えることが大切

強い倦怠感が伴う病気

ドクターと患者

症状の特徴

鬱病の症状の特徴としては、強い倦怠感や無気力感が伴う事があります。場合によってはよく眠れなくなってしまったり、逆に眠りすぎてしまったりする場合もあります。病気を患っている時には、例えば仕事が終わってから、一人になった時に病的にふさぎ込んでしまうような場合があります。自分でも自覚しやすいサインを感じたら、鬱病を疑っておいた方が良いでしょう。ただしあまり考えすぎるのも良くないため、無理をしないように自分のペースで鬱病の症状をチェックすることも大切です。鬱病のチェックサイトは、簡単な質問に回答するだけで自分の鬱の状態をチェックする事ができようになっています。こうしたチェックサイトを活用して、自分の今の精神状態を簡易チェックしてみましょう。鬱は早期発見が大切で、早いうちに病気だとわかる事で治療がやりやすくなる事もあります。病的な症状をいつまでも我慢し続けていると悪化させてしまう原因にもなりかねません。一時的にふさぎ込んでしまうような倦怠感や無気力感は、薬物療法で比較的手軽に治療する事が可能です。製薬メーカーの治療薬にもよりますが、早ければ3ヶ月から6ヶ月程度の治療期間のみで改善出来る場合もあります。無料のチェックサイトで調べてみて、病気が疑われる場合には医師に相談し薬を処方してもらいましょう。

病気を工夫して対処する

病気の対処法として有効的な方法は「しっかりと休養を取る」というものがあります。休養は全ての精神病の治療にも有効です。内臓や脳の状態をリセットし、神経のバランスを整える事で病気の状態を治療改善する事はもちろん、仕事の能率を改善する事もできるのです。またあまり深く考えすぎもよくありません。体をしっかりと休めて、適度に運動をしたり、バランスが取れた食事の摂取を継続したりする事で、良い考えが浮かんでくることがあるかもしれません。いまは食事療法を医師が指導してくれるケースもあるので、指導を受けながらバランスの良い食事を摂るようにしましょう。また医師から伝えられることもありますが、適度に休養を取って、前向きに行動することも大切です。鬱になる人の中には、頑張りすぎる人もいます。そうなるとリフレッシュが出来ず、ストレスが溜まっていき鬱の症状に発展してしまうこともあるのです。鬱かどうか、あるいは鬱の予備軍なのかどうかも自分なりにチェックしながら、予防を行なっていきましょう。