ナース

鬱チェックをしてみよう|正直に答えることが大切

心の診断方法

診察

人は日常生活の中でさまざまなストレスを受けており、鬱病などの心の病気を発症することがあります。自分に鬱病の兆候がないかどうかを自己診断するプログラムもありますが、精神科や心療内科で医師にチェックしてもらうのが最も確実な方法です。鬱病の治療では対話を中心とした心理療法が特に重要となります。

View Detail

気分の病気を知ろう

ハート

鬱病の問診でチェックされるのは、性格や生育環境、患者がよく訴えることです。それらをより詳しく調べることで確定診断を行っています。鬱病が注目を集めるのは、患者数が増えているからでしょう。新型鬱病や生活習慣病などによる合併からの発症が近年増えています。

View Detail

精神疾患は自覚しにくい

悩む男の人

気が重たいときは病院へ

昨今、鬱病や社会不安症候群など精神疾患の患者が増加傾向にあります。国内で約900万人の障害者の中でも、特に鬱病などの精神障害者は急増の傾向にあります。さて、鬱などの精神障害は、発症のメカニズムがほぼ解明されていて、投薬などで治療ができるようになってきました。気が重たい、やる気が出ない、人とのコミュニケーションがうまくいかないなどの症状があるならば、鬱などの精神疾患と疑ってみて精神科のある病院でチェックする必要があります。病院における鬱病のチェック方法は、まず病院備え付けのアンケートに回答します。このとき、恥ずかしがらずに回答するようにしましょう。そうでないと、潜在的に進行している精神疾患などが、この段階でふるい落とされてしまう可能性があります。次に医師との診察ですが、正直に今現在の症状を訴えて精神病の有無をチェックしてもらいます。もしこのチェック段階で重度の精神疾患と診断されても気を落としてはいけません。仮に2級以上の重度精神障害であると診断されても、医学的に発症のメカニズムはほぼ解明されています。鬱病であれば、セロトニンを持ち去る生体化学物質の働きを抑制させる薬があります。最近では、抗鬱剤が多く存在しますので、自分に合った薬を処方してもらって短期的に改善する例も多くみられます。

投薬と合わせて行うこと

さて、上記では鬱病などの精神病は、医師から処方された薬である程度改善できると記しましたが、これだけでは中々困難なものがあります。特に重度の鬱と診断された場合には、薬だけに頼っていてはいけません。気は心からと言います。常日頃の生活において前向きにポジティブに生活することも必要です。すなわち、明日をよりよく生きること、我慢せずに気になったことは、仲間や親友、職場の信頼できる人に相談することが特効薬の一つと位置付けられます。とにかくストレスを溜めないこと、このことは精神障害の進行を抑制させる上で大変重要なのです。また、自分の好きなこと、趣味などを積極的に行うこと、これも精神障害に陥らないためには絶対必要です。そして、毎日明るく元気で生活するする、人と接する、このことも重要です。暗い表情で人と接していては、誰も近寄ってきません。とにかく、億劫でも人と接し、話し、コミュニケーションを図る、このことが重要です。投薬では、セロトニンを持ち去る物質の働きを抑制しますが、重度の鬱病患者においては、それだけでは不十分ということになります。気が重たくても明日はやってきます。明日、そして将来をよりよくするための原動力は、志の他に自分のバイタリティーであると考えます。鬱病の薬は、このための補助剤と考えてください。

うつ病を改善するために

PCを操作する看護師

鬱にならないために日頃から自分の精神状態をチェックしておきましょう。また人によって原因は様々ですが、悪化を防ぐためにも医療機関へ行くようにすべきです。いまは精神療法なども行なわれているので、早期解決が見込めます。

View Detail

強い倦怠感が伴う病気

ドクターと患者

いつもと違った症状がある、違和感があるのであれば鬱の可能性もあるので、早めに医療機関を訪ねるようにしましょう。もし不安であれば、予めセルフチェックから始めてみるというのもいいです。薬物療法や食事療法など治療法も数多くあるので、まずは医師に相談しましょう。

View Detail